長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

崎津集落 熊本県天草市河浦町﨑津

天草市河浦町崎津の集落は、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界文化遺産に登録されています。

崎津(﨑津)の漁村景観
 羊角湾の北側に位置する崎津は、歴史的に流通・往来の拠点として現在は主に漁港として機能しています。平地の少ない密集集落内には、家と家の重なり合った軒下を通る「トウヤ」と呼ばれる小路が海に向かって伸び、その先には今富のシュロや竹を材料に海に張り出して設置される漁師の作業施設である「カケ」など、独特の漁村景観が広がっています。

引用:観光看板

次の記事

複製のテスト